土鍋のひび割れや水漏れは割れる前兆?買い替え時はいつ?

悩み 生活

土鍋って使っているうちに細かいヒビが入ってくることありますよね。

以前、土鍋に大きめのひびが入ったとき「このくらいのヒビなら大丈夫かな?」と思って使っていたら、ある日突然パッカーンと2つに割れていまいビックリしました。

幸いケガはありませんでしたが、早めに買い替えたほうが良かったのかも…と思いました。

もし料理中などに土鍋が突然割れるようなことがあると、やっぱり危険ですよね。

今回は、土鍋が割れそうな前兆や買い替え時について紹介していきますので、「うちの土鍋もちょっと心配だな」という人は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

土鍋のひび割れや水漏れは割れる前触れ?

土鍋はその名の通り「土」でできているので、何度も使用していれば表面に小さなひび割れができてしまうのは自然なことです。

しかし、水漏れが起きるほどの大きなひびが入ってしまった場合には、そのまま使い続けると近いうちに割れてしまう可能性が高いです。

外側と内側の両方から見たときに同じ場所にヒビが入っていれば、それはヒビが貫通しているわけですから、当然中の液体が漏れてきますよね。

「しっかりと土鍋の底を拭いたはずなのに、なぜか濡れている…」という場合には、ひびが入っていてそこから水漏れしている可能性が高いので、ひび割れがないかチェックしましょう。

土鍋が割れる前兆が現れたらどうする?

土鍋の中の液体が染み出てくるくらいのヒビが入っているなら、すぐに使うのをやめましょう!

土鍋は温度変化に弱いので、底が濡れた状態で火にかけると気化熱で温度差ができて割れやすいです。

もし、ご飯を炊こうと土鍋に米と水を火にかけてるときに、突然割れたらどうでしょう?

コンロの上は大変なことになりますよね。

もっと怖いのは、グツグツに煮立ったおでんなどを食卓に運ぼうとしている最中や、ダイニングテーブルに置いた瞬間に土鍋が突然割れてしまうことです。

自分や家族が大やけどしてしまう可能性があり、たいへん危険ですよね。

スポンサーリンク

表面の小さなヒビ程度は気にすることありませんが、水漏れするくらいになっていたらその土鍋の使用は避けるべきです。

また、「水漏れはしていないけど、ひびが気になる…」ということもありますよね。

そうした場合には「目止め」をすることで、表面の小さなひびくらいなら隙間を埋められます。

使い始める前に目止めをする人は多いと思いますが、定期的に目止めをすることで土鍋を長持ちさせることができるので、最初だけでなく、ヒビが気になったら目止めを試してみましょう。

土鍋の買い替え時はいつなの?

質の良い土鍋をきちんと手入れしながら使っていれば、10年でも20年でも壊れることなく使える可能性があります。

土鍋の寿命は一概に「〇年」といえるものではないので、水漏れなどのサインが出たら買い替え時になります。

ほかにも、焦げ付きやすいなど使いにくさが気になるようになったら、買い替えを検討してもいいですね。

「そんなに長く持たずに、すぐに割れちゃうんだけど!」という場合には、土鍋の寿命を縮めるようなNG行動をしている可能性があります。

当てはまるものがないか、こちらの記事でチェックしてみてくださいね。

関連記事 土鍋がすぐ割れるのはなぜ?寿命をのばして長持ちさせる方法

まとめ

水漏れするといった「土鍋が割れる前兆」が現れたら、危険なのですぐに使うのをやめて買い替えを検討しましょう!

土鍋には「〇年で寿命」といった明確な基準がないので、土鍋の状態を見て自分で買い替えのタイミングを決める必要があります。

値段が高かったものやデザインが気に入ってるものだと買い替えをためらってしまいますが、安全に使えることが一番大切です。

最近ではひびが入りにくい丈夫なセラミック製の土鍋も多く販売されていて、目止めをしなくてもいいし、吸水性も低いのでニオイもつきにくいので人気です。

次に買い替える時には長く使える丈夫な土鍋にしたい!というのであれば、セラミック製の土鍋もいいですね。

スポンサーリンク
お米やトイレットペーパーも賢くGET!

楽天市場でふるさと納税できるのはご存知でしたか?

楽天ポイントが付くだけでなく、お買い物マラソンでは1自治体1ショップにカウントされるんです!

お米やトイレットペーパーなど日常で必要なものも返礼品として多く出ているので、ふるさと納税で手に入れるのも賢い方法ですよね♡

ジャンル別や金額別のランキングがあるので人気の返礼品を見つけやすいですよ!

生活
菜乃(なの)をフォローする
ゆるりかじ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました